物品の使い回しでb型肝炎に感染する理由と健康管理

b型肝炎はウイルス性の病気なので感染する危険があります。感染経路は汚染された薬剤の投与や妊婦から胎児に移る母子感染の他、保菌者の体液が体内に入り込むケースもあります。注射針や歯ブラシなどの日用品の使い回しによる感染リスクの増大を正しく学び、難病に悩まされない健やかな暮らしを営むことを心がけましょう。

b型肝炎が危険な難病と認識される理由

b型肝炎はウイルスに感染することで発症する肝炎の一種です。大きく分けて急性と慢性の二種類がありますが、いずれのb型肝炎も初期症状は体のだるさや食欲不振のような軽微なものなので、単なる体調不良と誤解しやすいのが特徴です。

悪寒や吐き気などの異常に見舞われる頃にはすでに症状が進んでいることが多いので、重大な健康被害に陥っているのが普通です。また、b型肝炎は感染すると医学的な意味での完治には至りません。体内で繁殖したb型肝炎のウイルスは完全に死滅させることが出来ないので、症状を抑える治療を一生続けることになります。

そのため、費用と時間の面で大きな不具合に見舞われる結果になってしまいます。b型肝炎は他人に感染する可能性があるのも危険視される理由の一つです。

b型肝炎は病気の中では感染力が低い部類なので、保菌者と同じ部屋で過ごしたり持ち物に触るのは何ら問題はありません。しかし、ウイルスは傷口や粘膜から体内に侵入して感染するので、切り傷やささくれがある指先で保菌者の体液に触れるなど、ウイルスの侵入に繋がる行為は避けます。

特に注射針や歯ブラシ、カミソリなどの使い回しは感染リスクを大幅に増大させるので絶対に行ってはいけません。

物品の使い回しでb型肝炎に感染する仕組み

物品の使い回しは衛生面で大きな問題があるので、どのような場合でも避けるのが賢明です。特に病気を患っている人が使っている物品の使い回しは集団感染の原因になるので、医療現場では絶対に行わないのが普通になっています。

b型肝炎は感染した時点で他の人にも移してしまう可能性がある保菌者になるので、物品の扱いには細心の注意を払う必要があります。しかし、b型肝炎は傷口や粘膜以外の部分に触れても感染する危険は殆ど無いので、手に持つだけの道具類を使い回すだけでは病気を患う心配はありません。

料理を一緒に食べたり共に入浴してもb型肝炎には感染しないので、家族が感染した場合でも同居は可能です。しかし、体内に直接入り込む物品の使い回しはウイルスを体内に取り込むことになるので感染の可能性が著しく増大します。

中でもカミソリや歯ブラシの共用は傷口や粘膜にb型肝炎のウイルスが付着することに繋がるので、親しい間柄でも絶対に行ってはいけません。また、海外では麻薬中毒者の多くがb型肝炎を患っていますが、これは保菌者との間で注射針の使い回しを行った結果です。

注射針に付着したウイルスは血管内に入り込んで体内を巡ることから、感染の危険性はカミソリや歯ブラシよりもはるかに高くなっています。

医療現場でのb型肝炎の感染リスクについて

b型肝炎の感染は保菌者と直接的な接触の他、医療の現場で間接的に感染するケースもありました。かつては注射針や舌圧子、メスなどの医療器具は使い回しが常識だったため、保菌者に使った器具を軽く洗浄した程度で他の患者に使う行為が普通に行われていました。

b型肝炎は初期のうちは目立った自覚症状が無いため、自分が保菌者と気づいていない人も多数存在します。また、重篤化するまで外見上の変化も無いことから医師でも保菌者の判別は困難です。そのため、知らないうちに保菌者に使った器具を他の患者に使ってしまい、b型肝炎に感染させてしまうこともありました。

現在では医療器具の多くが一回限りの使い捨てになっている他、複数回使用する器具も入念な洗浄と消毒が行われているので患者が間接的に感染する可能性は殆どありません。その一方で医師や看護師などの医療従事者がb型肝炎に感染する可能性は現在でも低くありません。

仕事の性質上、患者の体に触れることが多いため、その分だけ感染リスクが高くなる傾向があります。

b型肝炎のウイルスは目に見えないほどの微小な傷口からでも感染する病気です。そのため、医療従事者は常にゴム手袋で指先を覆って感染の回避に努めています。

b型肝炎を患ってしまった際の健康管理の心得

b型肝炎の感染が確認出来た場合、自身の健康状態を良好に努めると共に他人に移さないことを心がけることが大切です。b型肝炎を移さないためには傷口や粘膜に自身の体液を触れさせないのが最も効果的な対処法になります。

ウイルスは汗や唾液、精液など様々な体液に混在しているので注意が必要です。粘膜に触れたり肌に傷を付ける可能性がある物品の使い回しはしない他、性行為の際も体液を相手に付着させないように気を配ります。ゴム製の避妊具で性器を覆って体液が粘膜に触れないようにする他、口に含むなどの行為も避けることを心がけます。

b型肝炎に感染すると肝臓の機能が大きく損なわれるので、慢性的に体の具合が悪くなります。特にアルコール類の摂取は肝臓に大きな負担をかけるので、感染が判明したら禁酒するのが体を労わることに繋がります。病院で処方された薬剤の服用を厳守すると共に、食事メニューの見直しや休息時間の増加など、心身を健やかに保つことが大切です。

b型肝炎は疲労やストレスの蓄積で体が弱っていると症状が著しく進むので、毎日の暮らしにある問題点を取り除いて体力の回復を図る必要があります。

b型肝炎でなぜウイルスのdna量を調べるのか

生活の中で使い回す物品の種類と感染の危険性

同居している家族がb型肝炎に感染している場合、使用する物品の管理を適切に行うのが家族間の感染を防ぐために必要な心得です。また、ウイルスの感染経路を正しく理解し、病気への偏見を持たないことも健やかな暮らしを営む条件になります。

b型肝炎のウイルスは表皮に触れた程度では感染の危険は殆ど無いので、保菌者の手を握ったり同じ席に座るなど暮らしの中で普通に行うことは何の問題もありません。物品の使い回しについても鍋をつついたり、顔を拭いたタオルの共用は普通に行うことが出来ます。

しかし、肌に傷が生じている場合は物品に付着していたウイルスが体内に入り込む危険があるので注意する必要があります。また、病気や疲労で体力が低下している時は保菌者への接触を避けるのも感染リスクを増やさないための心得です。